すぐに病が確定しないとき

パルボウィルスは聞きなれない病ですが、顔はりんごのように赤くはれ上がるのでりんご病と言われるそうですよ。
りんご病なら聞いたことがあります。
ウィルスが血液によって全身に運ばれてしまい、微熱、倦怠感、顔のむくみが出ます。
通常は免疫力のない子供が感染。
大人が感染すると重症化してしまうと長引く。
自己免疫疾患 特に痛みの出る手を調べると触ってもとくに痛みが出ない
関節炎の所見がなく関節痛の痛みはある。
市販の薬で痛みが少なくなっているということは薬による副作用ではない
症状が出始める直前に忙しいなど強いストレスがあると
極度の免疫力低下によって、通常は大人がかからないパルボウィルスになってしまった
膠原病に似たような判定が出てしまうのが厄介ですね。
免疫が誤作動を起こして一時的に膠原病の疑いが出てしまう

薬剤師の魅力

薬剤師の魅力、それは、『やりがい』があるという事。 もちろん、これは一言でいえば『やりがい』ですが、その中身は、『専門性が高い事』である事、尚且つ『社会的にも地域が高い』事等もあげられます。

薬剤師の魅力は、薬剤師をする上で、一言では表せないものがあり、その内容は、薬剤師さんそれぞれにより異なるものの、大きく分けると、専門性、地位の高さ、やりがいがあるという事が『魅力』となっていると思います。 中には、『報酬が高い』という部分が、薬剤師の魅力のひとつ、と答える方もおられますが、報酬だけでは、その仕事における魅力ではないと思いますので、中身はやはり、その仕事に対する、やりがい等を感じられているから、といえますね。

医者と看護師という立場とは異なるものの、やはり、薬剤師もまた、人の命に関わる仕事である事は確かな事ですから、そうした崇高とも言える仕事だからこそ、やりがいを感じられる職業となり、尚且つ男女差における問題もなく仕事ができる事等も、この薬剤師という仕事における魅力の一つと言えるでしょう。

また、女性薬剤師の場合は、結婚。出産を機に一度は、薬剤師という仕事から遠ざかる時期も考えられますが、資格がある限り、いつでも復帰可能な仕事である事からも、この仕事、資格における魅力の一つと言えると思います。 更に、活躍しようと思うえば、自分自身の考え方、取り組み方により、その幅はどんどん広げられ、医師や看護地という医療従事者とは異なり、活躍する場所が望めば、望むほど広くできる、という点もやはりこの薬剤師という資格における魅力だと言えます。

病院、薬局をはじめとして、ドラッグストア、製薬会社研究機関、化粧品会社等、薬剤師という資格に固執、執着しなければ、その資格をもっと活かす場所は色々とあり、医療器具の輸入販売会社等でも、薬剤師の方が、多数活躍しています。

薬剤師という資格の魅力は、『これ』というものでなく、薬剤師さんがもつ目的、希望により、その資格における魅力は、非常にたくさん考えられ、それだけ、この薬剤師という資格は、実に素晴らしい資格であると言えるのです。 薬剤師さんが、薬剤師として働く上で、医療チームの一員として、患者さんのために尽くし、患者さんに対する薬物治療に携わる、という薬剤師の仕事もやはりとても薬剤師としてのやりがいを感じられる、魅力を感じられる仕事となりますが、薬剤師の魅力とは、一言では言えない、大きな『可能性』を秘めた資格だからこそ、より高い魅力を感ずることのできる仕事、資格といえるのです。