増殖と突然変異

増殖と突然変異を繰り返すインフルエンザ。
毎年一千万人がかかるとされています。
41都道府県で患者急増上昇中です。
今では予防接種を受けるだけではなくいろんな形で防ぐことができるようになっています。
潜伏期間が過ぎると急激に悪くなるインフルエンザ。
合併症で肺炎になったりと重症化すると亡くなるとこもあります。
インフルエンザにかからないようなワクチンの開発がされています。
こちらはインフルエンザにかかったあとに重症化しないようなものです。
つまり感染をくいとめるわけではないわけですね。
予防接種は必要最低限の処置です。
だから予防接種をしたから大丈夫と安心してはいけません。
小さな子供に教えるように大人の私達もきちんとうがい手洗いをしていくべきですね。