読み続ける予定

ラノベっぽいタイトル、「うちの執事が言うことには」を読みました。
主人公カエイは突然引退した父親のあとをついで当主になった18歳です。
生まれた時からいた執事、鳳がいてくれると思って就学先から帰国したら新しい執事の木更月がいた。
鳳は父についていっちゃったわけです。
カエイも木更月も鳳が大好きで尊敬しているところは面白かったですね。
シリーズもので2人がだんだんと主人と執事という関係になっている話しなんだなってわかりました。
ちょっとしたミステリーをカエイが解くのですが、ちょっとした毒もありますね。
読みやすい!のですが読後に微妙に嫌な気持ちになるのもめずらしいです。
もうちょっと脇役にもいいキャラをだして欲しいです。